ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





最初に
ふくちゃんに謝りたいんだけど
まあ結論になっちゃうが
あたしゃあんだけ、はた迷惑な時間に「行ってくるね!」とか意気揚々とメールしといて
結局、目的地まで行かなかったんだ。
返信の爽やかに罪悪感を覚えちまってどう返せばいいか迷い
ここで成り行き説明失礼致しまする。


そんな今日の詳細。

2:00 張り切って勢いよく起床。

5:09 家の前発。
荒川登山口行き(縄文杉)バスに乗る。

6:20 荒川登山口へ着く。
ざっと見て150人以上の登山客待機中。
わんさか。絶句。なにこの人。連休かよ。
今日9月2日平日よ?馬鹿じゃ無いの?
登山口でのトイレで既に15分待ち。
これは途中トイレ&縄文杉見るの30分以上待ちだと確信。
心折れかけるも足早にスタート。

6:40 5分歩いてさっきのトイレに重大な忘れ物をした事に気づく。
真っ青になってUターン。ダッシュ。
逆走する私、もちろん邪魔。
慌てて避けたら「そっちに避けたら危ねえよ!」と見知らぬガイドに怒鳴られる。
避けたのに怒られた。
とにかく邪魔にされる。そらそうだけど。
人を避けつつ、やっと戻ってトイレの行列掻き分け忘れ物ゲット。
もう一度歩き始めるも、団体に挟まれスロースロームカデ行列に巻き込まれる。
追い越そうとしても1グループ8人位で越せねえし
また邪魔にされた上に昨日の大雨でトロッコ枕木ツルツル度120%増し。
今日に限って登山靴じゃなく自前のプーマで挑んだ私。
何度も転びかけ身の危険を感じる。
この嫌な胸騒ぎとダダ下がるテンションが。ラブ子で感じたのと同じ。
変に頑張っても駄目な時の感じだと、三十路の勘。

さ、こういう時は潔く帰ろう。

引き返す途中も「何帰ってんだよバスねえぞ!」と
よく知らんオッサンガイド達からボロクソ罵声。ほっといてよ。

7:05 頑張れば間に合うと思ってた、里に戻るバスは5分前に去っていた。
次のバスは6時間後の13時…。
登山口から路線バス通りまで、車で40分。
歩けば3時間でいけるかな?アバウト。
携帯電波もねえ山中で6時間待つより少しでも歩こう。
ちなみにここ、マイカー規制かかってて、
バスと限られたタクシー以外通らないヒッチハイクありえねえ地獄ゾーン。

7:10 歩き始める。てくてく。
基本、人が歩かない(歩行禁ではない)ゾーンなので
道端の苔が荒れて無くて綺麗だったり
絶好の角度から天柱石が眺めれたり
森が白谷並にりに美しいし、
太忠水という(看板立ってた)激ウマーな涌き水あったり
穴場スポット見付けられたりで
これはこれで楽しいぞ。

7:30 タクシー通りかかり、人が歩いてるので怪しまれ声掛けられる。
「あんまり混んでて嫌になって帰ってきちゃいました」と
ニヘラーと笑いながら言う私に
完璧に不審者扱いの眼差し。
歩いて1時間かかるので乗って行きませんか?とタク男。
1時間で済むならいいや。いりません。

7:40 登山口で客を降ろしたタク男、折り返して再び。
「5時間は歩き続けることになりますよ!!!」と
何故かキレてる。なぜに?ってか時間増えてね?
「途中まででも!さあ乗って!」
しつけーし。つーかタクで里まで帰ったら5000円はとられるでしょ?冗談じゃねーよ。
こっちは朝弁当代ケチって、自然解凍したパンの耳かじって歩いて
案の定ヤクザルに襲われそうになってんだよ。
と心構えは強気だったけど、さすがにこの人の気配ゼロ道を5時間?歩くのは怖い。 しかも落石注意の看板ばっか。ひー。
でも5000円はイタイ。
そうだ!渋ればまけてくれるかも。さすがにこんな山奥に三十路ながらも女子残して去れないでしょ、オッサン!
「お金ないんですう…」
「ふーん。あっそ!」とタクシー猛スピードで去る。
まじ?!?置いてっちゃう?
ちくしょう。片乳くらいペロンとみせてりゃまけてくれたのか?
ブスデブ三十路は論外か?あー腹立つ。クソ屋久島。

8:10 胸糞悪いまま
荒川登山口の監視小屋屋に到着。
森ん中にデッカイ門があって、ここで車入り込まないか監視するゾーン。
いつも(他登山で度々通過)ここ通るたびに思う。
こんな山奥に監視小屋のオッサンひとりポツンと何やってんだろ。
読書?座禅?鹿とダンス?一日中居るの?
疑問は尽きない。

オッサンに話掛け「門開けてくださーい。」
オッサン。さっきのタク男に聞いてたのか
私を見ても動じず「ああ、君か。へー」とドライ。
とりあえずオッサンと語る。
何故私が引き返したのか。
ガイドに怒られてヘコんでるから励まして話等。
オッサン。
あと3時間半で俺仕事終わるから2キロ先のヤクスギランドで遊んでな。
送ってってやる。と伊右衛門500mlをポンとくれる。
カッケー!カッコヨスギ!!!屋久島いい人いるじゃん!!!

9:40 ↑なんやかんやでそのままオッサンと立話が盛り上がり1時間半。
最近、縄文杉のガイドの質の悪さが屋久島でも問題になってる話。
私が苔をどんなに愛してるか。
ラブ子で遭難しかけた話。
オッサンが昔、千葉のヨーカドーで勤めてた身の上話。
屋久高山岳部時代のオッサンと山の思い出。
当時の彼女が、なかなかいい女でよー的なよもやま。
縄文杉ゲート監視員しかしらねえようなかなりヤベー話。
結構、芸能人来てるよ話。
オッサン的に好感度No.1芸能人は海猿(マジックマッシュルームの方)。
ワ○ミの社長は30回も縄文杉来てる癖に一度もトイレ募金しない上
バス代もごまかすケチっぷり。
さっきのタク男は、
オッサンに「変な女が登ってくるから気をつけろ!
金無いとか言うから置いてきた!がっはっは!」と言い残して言ったクソ男だった
もろもろ語ってたら監視小屋の電話が鳴る。

戻ってきたオッサン「おい姉ちゃん!今からひと仕事するぞ!暇だろ?ついて来な」
オッサンの車に乗り、さっき歩いてきた山道4キロ戻って、再び登山口。
昨日の暴風で停電になったトイレの点検と掃除。
女子トイレ担当は頼まれてないけど率先して私。恩返ししなきゃ。
女子トイレってばティッシュ詰まって流れなくなってるので
スッポンでシュポシュポ詰まり改善作業。
縄文杉様のお膝元で、まさかのクラシアン業務する、離島ナース30歳。
夫よ、見てるか?妻は頑張ってるぞ。

ふーやっとトイレ流れたぜと外へ出たら
マイカー規制中のエリアなのに勢いよく突進してくる外国人観光客。
え?門ガッツリ閉めてきたよね?
「オッサーン!!!侵入者発見!ガイジン!ギャー!!!」
オッサン「なにおう!?!」慌てて注意しに行き説得。
幸い、日本人も居たから日本語でおK成立で説得成功。帰って頂く。
門はこじ開けたらしいわ。すっとぼけてたけど確信犯なのバレバレ。
マイカー規制は国も関わってたりするので
車入っちゃうと警察届け出たりレッカー出動させたりすげえ面倒臭いらしい。
今回は素直に応じてくれたから警察沙汰にならず終了。
再び監視小屋へ戻ってオッサンと暇つぶしお喋り。

11:30 オッサンの業務終了し、午後勤務の別のオッサン登場。
なんすか?この子?と私を見て。そりゃそうだね。
救護班です!とボケる暇無く、オッサンが説明。
根性無しの変わり者と私の紹介を一言で片付けつつ、ガイド問題についても言及。
ネットの評判では知ってたけど、嘘みたいな話
・客の歩くの遅すぎて怒鳴って説教するガイド
・邪魔だドケよ!と罵声を浴びせるのは普通。 
・歩きながら無線でガイド同士客の悪口
・あまり遅いと客を置いて帰るガイド 等など
普通に居て、最近じゃネットで噂も広がりつつあるおかげで
縄文杉ガイド頼む人激減で、仕事も減ってきてるって。
ガイド崇拝者の私にとっちゃ信じられない話だったけど今日で若干納得。
でもいい人もいますって!ってオッサン説得したけどんー。
午後便のオッサンはかなり怒ってくれてて
あんたに嫌な思いをさせたガイドは誰だ?!特徴は?!と
再来週、島の全体集会でガイド問題について発言する!と意気込んでました。
あわわ。なんかエライこっちゃ。
いい人も居るんですって!とアピしつつ、評判悪いガイドをコッソリ教えてもらい。
ネットでそこの会社のスタッフチェック、あーなるほどのあー!であ~あでした。
もしも今後ヤクシマきてガイドさん頼んで山登りてえって方いたら
情報提供しますんでどうぞお気軽に。

ちなみに
先日、ガイドに遅せえよ!とキレられて
途中のウィルソン株でおいてけぼりにされた福島から来た母と小さい少年が居て
トボトボ泣きながら帰ってきた母子をオッサン発見し、
屋久島観光一緒に回ってくれたらしい。
「屋久島のこと嫌いにならないで欲しくてせめてもの罪滅ぼしにな…」とオッサン素敵過ぎる。 
つーかそんなガイド訴訟もんでしょ?許せん!


ま、そして午後
オッサンプレゼンツで安房ドライブしてアイス買ってもらったり昼飯食ったり
穴場スポット連れてってもらいつつ
オッサンの友人の屋久杉工芸店で素敵なリンゴの屋久杉置物割引で買ったり
工房入って屋久杉のかけら頂いたり等など
結局、宮之浦の自宅まで送って頂きました。

ああ楽しかった。
監視員ってこういう仕事してんのね。ご苦労様です。
今日は晴天で絶好の登山日和。監視員として終わったけど
あのまま登ってたら確実にイライラして終わってスギ様の事まで八つ当たり的に嫌いになってたかもしんないので
ほんと、良かった。

誰も過ごしたいと思わないであろう
ヤクシマ休日だけど、あたしゃ楽しかったわ。
写真は
マイカー規制道を歩いて発見した
苔の滝5m位と、遠目からみたトロッコ道。
綺麗な景色多かったわー。

あ、本日の縄文杉登山客は400人と
いつもより少し多い程度らしいわ。それでもあの混み…。
まあ、路線バスで遅い時間にしか行けない私が悪いんだけど。
普通は4時出発で行くもんね。

昨年、屋久島史上最大1300人/日を記録した伝説のシルバーウィークに
今年挑もうとしていた友人T子嬢へ
さっき電話。仕事中ごめん。ってかリクルート社って自由だね。
今日の話をして引き止め説得しつつ
縄文杉キャンセルさせて、私と彼(黒味岳ガイド氏♪)のムフフ大作戦へ
上手く利用しちゃえ計画を思いつき調整中なのはまた別の話。
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 よじせら 2005-2010, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。