ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




写真
上) 魔の愛子岳登山口
中) 標高1200M地点で更に昇り岩ゲンナリ


屋久島超マイナー登山な愛子岳行ってきましたー。
ラブ子について上手いことまとめてるなーと思う
全然知らん人のブログを勝手に参照リンク

http://www11.plala.or.jp/yakushima/go18.html

これ読んでから推進。



眠いんで。
箇条書でまとめて明日の日勤に備える。
つーかアヤパン!!!マジびっくりなんだけど!
大本命でショーパンかカトパンが乗っ取りだったら
中2から続けてる、朝はめざましテレビ派は卒業だけど
まさかのマーサだったら支持するわ。マーサは七光関係無く出来る子。


ああ、登山まとめ。
結論から言うと、二度と登るか!!!

・ 登山口までバス+徒歩でトータル1時間弱

・ 上の写真。
入口さあ、右のコンクリロードだと思わね?

・ それまんまとトラップで、登山口は真ん中小っちゃい看板の山道。

・ それ気付いたの、コンクリ突き進んでウロウロしまくって40分後。

・ その時点で汗だくで、今日はもう帰ろうか迷う。

・ 最初からアホみたいに急坂。シャレにならんし!

・ ものすげー登ったし!と思ったらまさかのまだ標高400m

・ 残り800m…。

・ ご丁寧に標高100m上がるごとに看板が。その都度立ち止まり、
引き返そうか迷い…の繰り返し。

・ 取り合えず、水場まで頑張ろうとテクテク。

・ 今までの屋久島登山。

途中で水汲めるからペットボトル500mlもってりゃ水困ること無かった。

・ ラブ子の野郎。猛暑過ぎて、水場の水が枯れてて一滴もねえ!

・ デゲデゲデゲデゲデーゲ♪って
おきのどくですがぼうけんのしょがきえましたBGMが脳内を…。

・ 持参の水。遠の昔に飲み干してる。

・ 目薬を飲んじゃおうか、オシッコペットボトルに出して飲もうか、
本気で悩む程にカツカツ。死ねる。

・ そんな絶望感の中、メール着信音が。

・ 赤坂でセレブ男性と飲み会しませんか?という
mixi経由大して絡んでねえマイミクからのチェーンメール。……てめえ。

・ 無言で携帯を地面に投げつけて
「ウォーター!!!」とヘレンケラーばりに絶叫。マジギレって怖い。

・ 標高1000m越えてから更に地獄で、
真ん中写真くらいの90度じゃね?な絶壁を
よじ登れってアホじゃねえのラブ子。


書いてて思い出して吐き気がする程ウンザリなんで
この辺で締めますけど。

山頂は、噂通りに360度大パノラマで
確かに景色すげーかも知れないけど
登山過程があまりに辛い上に、
他の山道みたく美しい森とか苔とか、でけえ杉とかな
見所がある訳じゃなくひたすら落ち葉道で
滑るし5回ケツからドーンって転ぶし
途中で変な道入って遭難しかけるし
虫は多いしいいとこなしだったから山頂景色も
で?は?これ?と感動ゼロ。
縄文杉様や天柱石様の神々しさとかさ
そういう感動とか勝手に求めてた私ゲンナリ。
これ、ムーミンと来てたら更に地獄だったろうなー。


標準タイム
登り3時間半 降り2時間半らしいけど
私は5時間と2時間で合計7時間。
それプラス迷いロス40分と
普通は車で10分らしい登山口までの道を30分かけて歩いたから
トータルいくら?
とりあえず、朝5時出て帰ったの15時過ぎ。
眠い。

しかも携帯投げたからブッ壊れ気味だし。もろもろ最悪です。
でも下山後に5時間ぶり位に口にした水分(三矢サイダー)は
今まで生きてた中で最高の味でした。

ラブ子岳、全くオススメ出来ねえ。魅力がわからん!
体力レベルは先日登った超マイナー太鼓岩3往復+α分くらい。
初心者には地獄でした。

来週予定していたモッチョム岳も、辞めました。ラブ子ばりに急坂っていうから。

ちなみに
おろしたて山スカ+cwxというググってね的なスパッツ完全装備で行ったけど
ラブ子みてえな急坂に山スカは不適過ぎて
最後の岩山登りとかケツ丸出しでひっでえ格好でボロボロになって登ってたわ。


そんじゃね。
私じゃなくてラブ子がつまんないのよ。うん。
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 よじせら 2005-2010, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。