ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





昨日は
またもや思い付きで、
今、この気合いとやる気でみなぎっているうちに登っちゃおうキャンペーンで、
太忠岳登山に行ってきました。

なんか、来月あたり
「あたしなんで先月登山ばっかしてたんだろ…馬鹿じゃね?」とアッサリ
手の平返しマイマインドしそうな自分もいるからさ。


登山ツアーは私ともう一人、謎の観光客。
仲良くなれるかしら、ワクワクって送迎車に乗った瞬間から
ああ、もう今日はコイツのせいで絶望的な一日になるであろうと確信出来る
異様な空気をかもしだしまくってるムーミンバディ。
バナナマン日村と、ちょっと気合い足して浜口京子を振り掛けて
ジューサーにかけた感じの顔の女?男?もうそれすら特定不能な何か。
私が引き攣りながら挨拶しても、ろくな返事も無く
ただひたすら目の前のオニギリに夢中なムーミン。
朝食ぐらい、宿で済ませとけ!
推定年齢…。わからん。35~55歳。どう転んでくるか本気でわからん。
そして、全身登山ルックで高機能モンベル重装備。
「私、2年前から毎月登山してるんです」と誇らしげ。
へえー。私っていうことは女なのか。そこで性別判明。


……もうさ、ここまで前フリしても
昨日ガッツリ、ムーミンのせいでとんでもねえ目に遭ったと書いちゃったし
さっき旦那と電話してひとしきりムーミントークして疲れたから以下簡潔に行くわよ。


ドラクエ5で例えると
天空装備一式揃えたのに、スライムに即効で全滅しかけられたけど
パパスという名のガイドのお陰でアルカパまで行けたムーミンに
たびびとのふく&かわのぼうしだけど、レヌール城まで行けまっせな私が
10時間ひたすら切れまくる話。



登山開始30分でムーミン、まさかの息切れ。
(ちなみにヤクスギランド内のあの完備されたエリアで)


ムーミン早くも両手ストック装備開始
(スキーのストックみたいなやつね)


ところが
コントかよってくらい、ストックが溝にはまって動けなくなること数回。
ストックで防御力ダウンしやがってる。


溝から勢いよくストック取って、
振り子の様に後ろの私の顔にストックの先が直撃しそうになることも同数。


後ろの私の事などお構い無しに、バシャバシャと泥に踏み込みながら歩き続け、
私、泥まみれ。


開始2時間でムーミンが「よっこいしょ」と言った回数58回。
30回越えで夕飯に鯖の刺身をつけてオッケーという
モチベーション維持の為に
独自のムーミンゲームを脳内で展開していた私、歓喜。


ちなみに「よっこいしょしょしょしょしょーー!!!」の凄い気合いの時は5ポイントと換算していた。


ゆっくり森を見て歩いても往復5~6時間で大丈夫な初心者コースなのに
頂上着いたの登山開始4時間後。


絶望的な気持ちになりつつも
頂上の天柱石と絶景に、ムーミンなんぞ吹き飛ぶ。


ここは人間が踏み入れていい領域なのか?という
ものすげえ何かがそこに。
絶壁にそびえ立つ天柱石(40m)に抱き着いてひとしきり拝む。
そんなキモい私でごめん。
あ、無宗教です。大作の写真、踏めます。輸血もオッケーです。


石を眺めながらの山頂ランチ。
おむすび&きんぴらごぼうの美味っぷりを私は一生忘れない。


本当の地獄は下山。
行き同様に、ストック振り子攻撃やドロドロビッシャン攻撃という
数々のムーミンアタックはもはや当たり前。


HP表示がもはや貧弱色のムーミンは
3分歩くごとに3分休まなきゃ森の中に消えてしまうという
私&ガイドの歩きに全く着いて行けず状態で
もう目も当てられない。

私とガイドが苔トークしたり
珍しい鳥を見つけて興奮して盛り上がってても
ムーミンからは「ぜーぜー」という息切れしか帰ってこない稽古中の力士状態。


ムーミンブレイクに足止めくらってばかりだったので
だんだん森も暗くなってきて、ベテランガイドも不安の色を隠せず。
私も心配になってきてたけど、ムーミンに遠慮してあんまり時間のこと口に出してなかったのに
「はあ…あと何分かかるんですかねえ…」と言いやがったのは
空気が読めませんが何か?がデフォルトのM民。
もう、さっきからムって打つだけでムーミンって出ちゃう自分の携帯が嫌になってきた。


なんやかんやで出口に着いた時
ムーミン盛り上がっちゃって
なんつーの?エアゴールみたいな。
ゴールテープを切る感じのグリコのマークのポーズ取って
「ゴール!!!」って一人で叫んだあのクソデブをあたしゃ本気で殴りそうになっけど
堪えたのは、さすがに今年31歳だから。
29歳だったらフルボッコにして山に放置して帰ってたわ。


簡潔じゃねえじゃんって思われるかもしんないけど
ほんと、これごく一部。
でもさ、
だいぶ気分を害される出来事があったけど
天柱石はみるべし!!!!
パヤオがもしも、天柱石を見ていたら絶対に違うジブリの物語が出来てたろうにって
心底思うけど、パヤオにはキツ過ぎるだろう登山道で残念。

あと
登山中に、天文の森という↑写真の森があるんだけど
撮影センスが無い上、ヘッポコ携帯撮影というハンデの中でも
(おそらく)素敵な森っぷりは伝わってくると思うので
ここもいくべし。私は、前日に行った白谷より好き。 ジブリ感はモデルになった白谷より断然上(ガイド談+私の感想)

ムーミンとジブリの話出来りゃまた違ったかもしんねえが
あいつ絶対「ジブリ?ポテチ?旨いのそれ?」状態だと予測されるので
ネタ振りもしなかったぜ。


そういや、ムーミンが帰りの車で
「あー楽しかった!また2年後に屋久島来て黒味岳に登ります!」って宣言しやがって
屋久島のガイドさん逃げてえ~!と島内放送を流したくなったわ。
しかし、このお盆繁盛期にあえて太忠岳を選択してくれたからいいものの
ただでさえ混み混みの縄文杉なんか行かれた日にゃ
8.12縄文杉伝説のムーミン渋滞として
歴史に名を刻むとこだったと思うよ。冗談じゃなくマジで。


来週は登山お休みして
屋久島リアルターザン&プチセレブ体験(もちろんモニター)してきます。


あ、ムーミンの目標、黒味岳は再来週登るって2週間前から予約済みだし。
ムーミン、ザマア!
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 よじせら 2005-2010, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。