ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





文化村がある宮之浦→一湊。

懲りずに山手線で例えると
日暮里から半時計周りに巣鴨までくらいのノリ。

ところが思い付きで行こうとしたもんだから
変な女子サンダルにヒラヒラした格好という
海山越えてチャリ漕ぐには不適切過ぎて
疲労当社比5倍。
下り坂ばかりで楽チンだけど、逆に帰りが恐ろしくなり
途中の志戸子で断念。
巣鴨行くつもりが駒込で断念したという感じです。
ほんと、あとちょっとの距離だったんすけど。

"志戸子ガジュマル公園"
私の他に年寄りしか居なかったよ。
若人は皆、山に登ってんだねきっと。

ガジュマル。初めて見たけどターザン出て来そうでした。
↑写真に撮れてるかしら。たぶん居ました。

ヘロヘロになりながらの帰路だったけど
テンション上げる為に映画・めがねのサントラ聴きながら
ここは与論島だと思い込んで漕いでたらあっという間でした。
途中の海がキレイで撮ってみた。


つむぎ屋さんという
可愛いお母さんがやってる土産物屋さんにフラリ。

屋久島産のお塩がしょっぱ甘くて気に入ったので
旦那の分まで買ったり
相変わらず「一人旅ですか?大変ですね」と聞かれ「いやいや住んでます」というやりとり。


益救神社で祭やってたから覗いたら
"殿さまのおなーりー"というタイトルの、ちびっこ達の演劇中。
殿の御台所が金髪女子高生な設定で
最後は殿も武士達も、そのJKも一緒に入り乱れて
セーラー服を脱がさないで♪を踊るという
斬新キテレツな歌劇でした。
この手の笑いが受け入れられるなら
私のホームかもしれないという
仄かな希望の光が見えました。


明日で4月も終わり。
あと屋久島生活5ヶ月。

まったりサイクリングの楽しみを感じました。
スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 よじせら 2005-2010, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。